風俗の体験談なら当サイトがおすすめ。人気の記事を選んで公開中です!

忘れられない川越の娘とラブラブ:目が覚める風俗の会話

忘れられない川越の娘とラブラブ

3 PV
忘れられない川越の娘とラブラブ
川越のデリヘル嬢とラブラブした時間の話をしてみようと思います。正直言って、川越でデリヘルなんて呼んでどうするのかと自分でも思ったんですけれども、大昔に付き合ってた娘が川越のあたりに住んでいたんですよね。今となっては全くもってその娘と音信不通な状態ですし、もはやお互い30代を迎えたぐらいなので、未だに未練があるという訳ではないのですが、こちらは独身なのでまあまあ自由にデリヘルを利用とかしてしまいがちですし、万が一向こうがまだ結婚をしていなかったら、ちょっとチャンスもあるんじゃないかと思った次第です。とは言っても、川越だけで人口は相当数ありますし、自分と同年代の女性だけで数千人はいます。その中から偶然にデリヘルで出会う可能性は数えようとしてもまあまあ未知数ではありますが、とりあえず川越の娘とエロいことさえ出来ればなんでも良いやという気持ちで、自分と同年代の娘が在籍をしていそうなデリヘル店に予約を入れました。指名はせずに男は黙ってフリーです。むしろ自分から指名をしたらあらゆる意味で可能性を奪ってしまうことになりますし、たとえ全く好みじゃない娘がやってきたとしても、目をつぶってプレイをすることにします。それだけ酷いことをしてでも、川越の娘と楽しい時間を過ごしたかった訳ですが、実際にホテルにやって来た娘は、自分よりも若干年下ぐらいの女の子のでした。だいたい20代後半ぐらいのこれと言って特徴のない感じの娘です。むしろ素人っぽさが強すぎるがあまり、何故あなたががデリヘル嬢になっているのかと思わず問い詰めてみたくもなりましたが、とりあえずこちらとしてはあくまでも紳士的に接して、ラブラブとする時間を多めにしました。向こうもまだデリヘルで働きはじめて日が浅かったようで、プレイもそこまで上手いという訳ではありませんでしたが、下手なりにまあまあ頑張って色々とやってくれました。雰囲気を重視したプレイの方がやっぱり自分は好きなので、この川越の女の子との今回の時間は結構楽しめましたし、昔付き合ってた娘との思い出も吹っ切ることができました。そして改めて思い出に浸るよりも現実を見たほうが良いなって思いましたよ。
川越風俗デリヘル 川越人妻城
2018.11.30 デリヘル / 川越