風俗の体験談なら当サイトがおすすめ。人気の記事を選んで公開中です!

交際クラブで稼ぐには実は横展開が早い:目が覚める風俗の会話

交際クラブで稼ぐには実は横展開が早い

3 PV
交際クラブで稼ぐには実は横展開が早い
過去に交際クラブで働いたことがあるのですが、店舗が売上を上げるにはある程度の限界があるなと思っていました。というのも、交際クラブの業界は新規会員が増えなければ成長性がないわけですが、無限に増えていく可能性があるのは女性会員だけです。その女性会員も若い年齢層を対象としているものですので、人口の減少と比例して入会者が少なくなっていっている傾向も感じられます。更には「パパ活」というフランクなイメージのワードが流行ってしまっている関係で今までと同じような質の高いレベルでの女性を紹介できなくなりつつある現場も存在しています。女性が増えることは良いことですのでその面は安心できる要因があって良かったなと感じられますが、問題の男性会員の増加は永遠の課題です。交際クラブの業界に限ったことではなく、お客さんとなる利用者ターゲットが存在しなければどのような業種のサービスでも成立はしないことになってしまいます。ただ、ブームや流行といった面だけの問題ではなく、交際クラブの会員となる男性には現実的な資質のような面が重要となってしまっています。それが利用する上で余裕があるだけのお金があるかどうかなのです。つまり、景気が良くなり続けていて富裕層が拡大でもしている状況ならば、交際クラブの業界は寝て待っていればいいだけになります。しかし、現実はその逆なのです。すると、どうにかこうにか男性入会者を増やし、退会を抑止しなければなりません。とはいうものの、なぜ新規入会者が増えないのか退会者がいるのかを考えた時に、単純に「飽きた」「良い出会いがあった」「満足しきってしまった」とクリーンに卒業していく人が多いわけではないのです。交際クラブを利用している多くの男性は、利用する機会が少なかったとしても常に利用したいと考えている人がほとんどです。ですので、全く利用していなくてもどこかの店舗の会員になっているという状況がほとんどです。つまりは、新たに入会する男性は他の交際クラブに見切りをつけて移って来ていることが多く、退会者は同じように他の店舗を利用したいと考えての動きなのです。世の中で交際クラブを利用している男性は限られています。その限られた男性がどこかしらの交際クラブに所属しているわけですので、会員の取り合いなのです。そうなると、流失する会員を他の店舗が受け止める訳ですから、その店舗も同じ企業・会社が運営をしていれば損をすることはないのです。奪い合いをするよりも、したたかに受け皿を作ることの方が結果的には利益を生むことができると考えられるのです。
東京の交際クラブ・デートクラブ情報|プレミアム交際クラブガイド
2019.01.30 交際クラブ /