風俗の体験談なら当サイトがおすすめ。人気の記事を選んで公開中です!

暗さを感じた秋葉原のデリヘル嬢:目が覚める風俗の会話

暗さを感じた秋葉原のデリヘル嬢

3 PV
暗さを感じた秋葉原のデリヘル嬢
仕事でやっているという以上、デリヘルでやってくる女の子に大事になってくるのは笑顔だと私は思っていますが、この間呼んだ秋葉原のデリヘル嬢はかなり元気いっぱいという感じでした。キャラクターを演じている感じがかなりしていて、結構無理があるなとは思ったのですが、時々ふと暗い顔をしているのが見てとれるのです。躁鬱病みたいな感じとまでは行きませんが、見ててちょっと不安になる感じだったんですよね。秋葉原のデリヘルとなると、元々コスプレをやって生計を立てていたり、オタク趣味のためにお金をつぎ込んだりしている女性が多いイメージがありましたが、今回呼んだこの秋葉原のデリヘル嬢も、かなりオタク趣味が強い感じのタイプの女性でした。もしかすると何かのキャラクターを真似して演じているのでは無いかと思ってしまうほどでしたが、そこに触れてしまうとまずいと思ったので、さっさとプレイに移ることにしました。プレイに移ってからは結構しおらしい感じになったので、そういう所も意外と良いなと思えましたし、秋葉原で作り笑顔をしてニコニコしているメイドカフェの女の子なんかも普段はこういう感じなのかも知れないなとちょっと想像してしまいましたね。そういうシチュエーションについては結構興奮したものの、プレイの方は結構お粗末な感じで、フェラはちょっと歯が当たって痛い感じでしたし、全身リップもあまり気持ち良くありませんでした。こちら側から攻めていった方がいいかなと思ってあの手この手で気持ちよくさせてみようと思ったのですが、若干マグロっぽい感じもあったので、それもまた困ってしまいましたね。むしろマグロというよりはもはや人形みたいな感じでした。プレイが一通り終わった後は、ちょっと気まずい感じで接してきたのが、結構可愛らしいなとは思いましたが、プレイがあまりにも上手くないのでちょっとガッカリでしたね。見た目の明るさ以外には正直取り柄がないという感じでしたし、プレイが終わった後によそよそしい感じだったのもあまり印象が良くありませんでした。秋葉原のデリヘル嬢がみんなこういう感じだとは思えませんが、こういうことがあると、あんまり同じ地域でデリヘルを呼ぼうとは思えなくなるんですよね。ただ、秋葉原はもともとオタク趣味があった時から足繁く通っている感じではありますので、デリヘルは呼ばないものの、遊びには来るかも知れません。
秋葉原 デリヘル!人気のイメクラ風俗【coco369】
2019.03.01 デリヘル / 秋葉原