風俗の体験談なら当サイトがおすすめ。人気の記事を選んで公開中です!

女性用の風俗の目的:目が覚める風俗の会話

女性用の風俗の目的

52 PV
女性用の風俗の目的
女性用風俗を利用している人は多いでしょうが、その利用者の大部分の人は男性経験がないと考えられます。もちろん風俗業になるわけですから淡い期待をして利用しようとする人もいるでしょう。これは男性向けだろうと女性向けだろうと考えは同じといえます。そんなこんなで考えてしまうのは相手のキャストの人と仲良くなりお近づきになりたいという考えです。これはキャバクラやホストクラブなどでも同じ考えに至るケースが殆どです。ただ、女性用風俗で決定的に違うことは、「相手の同意を得ることが難しくない」という点です。男性向け風俗の場合、女性キャストに余程の得がない限り個人的なお付き合いをするメリットはありません。逆に、女性向け風俗の場合、基本は男性向けのケースとほぼ同じ状況だと考えられますが、男性キャスト側の場合のみ得をする点があります。それは、女性キャストよりも男性キャットの方が親密な関係になりたいと個人的に思ってしまうことです。男性の心理を逆手に取れば、要求が通るハードルも非常に低いというわけです。女性キャストは「エッチなことが好き」「奉仕することが好き」という考えがあって、シビアにビジネスとして働いているものでしょう。男性キャストの場合は、同じ理由にはなるでしょが根底には「ヤリたいという考えがある」ものだろうと思います。というような下心を持って利用しようと考えて誘惑する女性が多いのではないかと考えがちですが、意外にそれは成功しません。何故ならば、圧倒的に女性の方が有利な環境があるためです。つまり、何かしらのトラブルとなるような状況になった場合、男性向け風俗でも女性向け風俗でも男性の方が被害者となる環境が存在しないためです。何かしらのプレイ・サービスを同意の上で健全に行ったとしても、異議を申し立てられればほぼ100%の確率で男性が不利です。そんな状況ですので、風俗という業界の特性にはなるでしょうが、トラブル回避のための業務の規律は徹底されています。要するに、淡い期待をしてもそれは絶対に叶わないと考えなければなりません。もちろん、プライベートなお付き合いに発展するならば、あくまでも大人のお付き合いで自由恋愛の範疇ですので問題はないでしょう。ですが、それでも完全プライベートな健全な付き合いができなければ非常に問題が生じる可能性があるため、男性キャストは絶対に首は縦には振らないでしょう。意外と業界はルールが厳しく規律が取られています。風俗というものがどういうものなのかをしっかりと考えて利用することがとても重要かもしれません。
大阪の女性用風俗!出張性感マッサージ|大阪 萬天堂
2019.03.06 女性用 / その他